【最新版】LPを爆速で作成!Colorful(カラフル)の評判、レビュー、口コミは?【WordPress】

5.0
カラフルLP公式サイト ランディングページ

Colorful(カラフル)はLP(ランディングページ)を作成できるWordPressテーマとして真っ先に候補に上がる便利なテーマです。

この記事はColorful(カラフル)の購入を検討している方に向けて、実際にColorful(カラフル)を使ってみた感想や使用している人の口コミや評判を元にリアルなレビューをしていきます。

Colorful(カラフル)の購入で失敗しないためにも参考にしていただけたら幸いです。

LPを爆速で作成できるWordPressテーマColorful(カラフル)を実際に使ってみた感想

カラフルLP公式サイト

私は普段セールスライターとしてランディングページやセールスレターの作成をしています。セールスライターのなので基本的にはランディングページのライティング、原稿作成がメインです。

しかし、時々「ランディングページのデザインまで作成できませんか」

というご相談を受けます。

基本的にはデザインは外注やクライアント側にお願いするのですが、簡単なものであればカラフルでの作成を提案してランディングページを作成しています。

私がカラフルを使ってみた第一印象は

「コスパ良すぎる」

これに尽きます。

私が実際にカラフルを使ってみて思った正直な感想です。

ランディングページを作成するために作られたテーマなので当たり前と言えば当たり前ですが、ランディングページの作成に必要な要素が全て搭載されています。

それなのに、カラフルは8,760円なんですよね。

※2022年5月26日より、機能のアップデートに伴い料金が変更されました。

通常版:9,800円
・上位版:12,800円

(購入者は新しいカラフルも使用できるので、実際に使用してみましたが値上げしても全然買いです。むしろ安いくらいという感想は変わりません。)

正直安すぎます。

私はCocoonという無料テーマをカスタマイズして、ランディングページを作ったことがあるのですが、やはりランディングページ用ではないテーマでランディングページを作成すると、デザインのカスタマイズや調整に想像以上の時間と労力がかかります。

それに比べてカラフルはHTMLやCSSなどのコーディングが不要で、初心者でも高品質なランディングページがボタン一つで簡単に作成できるのです。

その機能性を考えると、9,800円はコスパが良すぎます。

ランディングページは集客や販売に直結しているため、9,800円はすぐに元が取れます。

僕は3万円は出せるかなという感覚です。他にもランディングページを作成できるWordPressテーマはあるのですが、カラフルをその中でも群を抜いて使いやすく、コスパに優れたテーマです。

【2022年4月追記】

カラフルが2022年2月に大幅なアップデートを行い、WordPressのブロックエディタに対応、パズル感覚で操作できるようになるという連絡が来ました。(購入者だけに?事前に連絡が来ました。)

機能が追加される分、料金も変更されるそうです。

<リニューアルした新しいカラフルの料金>

  • 通常版:9,800円
  • 上位版:12,800円

現時点で分かっていること↓

  • ブロックエディタに対応。パズル感覚でLPが作れる
  • 値上げは4月上旬を予定しているとのこと
  • 機能の異なる2つのタイプが発売される
  • 値上がり前に買えば無料でアップデートされる

そのため、今が新しいリニューアルして使いやすくなったカラフルをお得に購入できるチャンスです。

今購入すれば旧カラフルと新カラフルの両方がもらえるようです!(購入者は無料でアップデートしてもらえる。)

4月上旬の公式サイトの入れ替えとともに、値上がりするとのことなので、また公式ページでの発表があり次第こちらのページも更新します!

【2022年5月12日追記】値上げ日時が決定

カラフルの事務局から値上げ、バージョンアップに関して連絡がきました。

5月26日(木)18時より

現在の販売ページにおけるカラフルの販売が終了し、

新しい販売ページとして、今後は販売いたします。

5月26日 18時より新バージョンへの切り替えだそうです!

26日までに購入すれば、値上がり前の旧価格で購入でき、さらに無料で新バージョンにアップデートできるチャンスです。

お得なタイミングをお見逃しなく!

公式サイトはこちら

LPを作成できるWordPressテーマColorful(カラフル)の評判は?

最初に紹介した感想は、あくまでも個人の感想なので、他にも実際にWordPressテーマ「Colorful(カラフル)」を使った方がツイッターやネットに投稿されている口コミやレビュー、評判を調べてみました。

カラフルの良い評判

僕と同じように多くの方が良い評価をしていました。

最近購入して大変満足しているもの WordPress 外観テーマ「カラフル」 ・LP作成にも使える ・ブログ作成にも使える ・購入者専用の取説付き ・メール配信もしている 製作者の江藤さんが、使用者目線の大変丁寧な物作りをしている。 既に有名なテーマだが、超オススメ!
#今日の積み上げ#ブログ

のぶ|家業3代目&マーケター@3G_Nobu

ふだんランディングページに関わっているであろうWeb制作系の方やフリーランスでお仕事をされている方からも良い評価を受けています。

僕もカラフルの評判や口コミを調べた時に、みんなどんな感じなんだろうと恐る恐る検索したのですが、良い評価が多く、やはりいいテーマだなと改めて実感しました。

カラフルの悪い?イマイチな評判

次にカラフルの悪いとはいきませんが、イマイチな評判や口コミをご紹介します。

ネットを探してもカラフルのマイナスな評判は見つからなかったのですが、本当にごくわずかツイッターでマイナスな感想を見つけました。

しかし、こちらはまだ購入したばかりで操作に慣れていない模様なので、購入に当たっては心配はいらないかなと思います。

また「カラフル デメリット」で検索したところこんな書き込みもありました。

僕もあとでデメリットを紹介しますが、カラフルはランディングページ専用のテーマなので以下のような点が気になる点かもしれません。

LP作成ツール、カラフルを使うデメリットは3つ
1.新しくWordPressをインストールする必要がある
2.SEOに最適化されていない
3.マニュアルに無い配信ツールを使っているとフォームの設置が難しい

【LPツール】カラフルを使った感想→コスパ高い【時間と費用を節約】

しかし、上記のデメリットはランディングページを作成する上では問題ではありません。

なぜなら、

1.プラグインを使用すれば既存のサイトのテーマを変更せずに、カラフルを使うことができるからです。Multiple Themesというプラグインを使用すればお使いのテーマを変えることなく、2つのテーマを同時に使用できます。

詳しくはこちらの記事が分かりやすかったです。【超便利】1つのワードプレスで複数テーマを使えるプラグイン「Multiple Themes」

2.ランディングページへの流入はSEOでの上位表示ではなく、広告やブログのリンクをクリックした先の着地点なので、SEOの最適化がされていなくても問題ありません。

3.この点は対象外フォームの場合は唯一のデメリットになりうるでしょう。今回は解説を省きます。

また、ブログとは別にサブディレクトリでランディングページ用のページを制作してもOKです。詳しくは「サブディレクトリ 作り方」で検索してみてください。

WordPressテーマColorful(カラフル)を使用する3つのメリット

次にカラフルを使用することのメリットやテーマの良いところをご紹介します。

1.簡単に本格的なランディングページが作成できる

カラフルはランディングページを作成するにあたって、簡単、早い、高品質と三拍子が揃っています。HTMLやCSSを使用したコーディングが不要なので、初心者でも簡単に本格的なランディングページが作れます。

公式サイトには「最速3分で」とありますが、3分はちょっと大袈裟かなと思います。しかし、慣れてくれば5分~10分もあれば公開することのできるレベルのランディングページが完成します。

ボタンだけでもこんなバリエーションがあります。

カラフルの公式サイトは実際にカラフルを使用して作られています。そのため、どんなランディングページが作れるか不安な方は一度こちらの公式サイト(ランディングページ)を見てみると良いでしょう。完成像がイメージできます。

カラフルを使って作ったLPの事例やサンプルサイトをこちら記事にまとめました。

Colorful(カラフル)で作ったLP(ランディングページ)の事例やサンプルをまとめてみた。

2.一度購入すれば複数のランディングページを作成できる

ランディングページの作成を外注すると、一つランディングページを作るごとに料金がかかります。しかし、カラフルは一回買い切りなので、一度購入すれば複数のランディングページの作成に使用できます。

かかる費用はサーバーやドメイン代とテーマの金額のみでランディングページが作成できます。

ちなみに、ランディングページの作成を業者に頼むと10万円〜30万円が相場です。そうやって考えると、カラフルのコスパの良さが実感できると思います。

3.使い方マニュアルや購入後のアフターサポートが充実している

カラフルは公式の使い方マニュアルが付属します。そのため、購入後に操作の仕方で困ってしまうということもなくランディングページが作成できるでしょう。

僕は今まで複数のブログやサイトをWordPressを使って運営してきましたが、カラフルも他のテーマと同じようにスムーズに使うことができました。アフターサポートがあるので初心者でも安心です。

こんな動画サポートが付属します。

Colorful(カラフル)を使用するデメリットはあるのか?

カラフルは優秀なランディングページを自作する際にはかなり優秀なテーマです。僕としてはイマイチな評判や口コミでも紹介したように、デメリットはないと思います。

ただし、辛口であえてデメリットをあげるとするならという視点で、カラフルの悪いところや購入にあたって気になる点をあげておきます。

LP専用のテーマのためランディングページしか作れない

ランディングページ専用のテーマなので当たり前なのですが、カラフルはランディングページしか作れません。

他のWordPressテーマはブログを中心としたサイトの構築のために幅広い用途で使用できます。しかし、カラフルはサイドバーのないワンカラムのランディングページしか作れませんので、ブログやサイトと同じドメイン内に併設してランディングページを作りたいという方には不向きです。

ですが、カラフルの購入を検討されている方は、ランディングページを作るためのWordPressテーマをお探しだと思うので、気にする必要はないかなと思います。

【2022年2月9日追伸】LP専用のプラグインの方が汎用性が高い

もしも、既にWordPressでサイトを運営されている方でランディングページを制作したいという方は、Danganページビルダーというプラグインでの実装がおすすめです。

既存のサイトのテーマを変えることなく、ランディングページ制作の機能を追加できます。これからランディングページを制作するのであれば、カラフルよりもDanganページビルダーの方がデザインや機能面含めて便利かなという印象です。

実際に使ってみたレビューをまとめた記事があるので、参考になればと思います。

LP制作プラグインの決定版!Danganページビルダーの評判は?使い方やサンプルページも紹介【WordPress】

似たようなデザインになってしまう

よく言えば馴染みがあるデザインという言い方もできますが、カラフルで作成するランディングページはデザインがTheランディングページという感じです。

よく見るデザインのため、カラフルを使用している他のランディングページと差別化が難しいという点が挙げられます。

ただし、もちろん30万円かけて作ったオリジナルデザインのランディングページと比較するとオリジナリティにはかけますが、ランディングページの本質である集客という点においては全く問題ではないかなと思います。

あくまでも僕の結論ですが、ランディングページを自作する上では、デメリットはほとんどないと思います。デザインにもこだわるまでランディングページで成果が出るようになったら、オリジナルのデザインを発注すればいい話です。

お問い合わせフォームは別途用意する必要がある

これは何かというと、カラフルはLPが簡単に作れるのですが、名前や住所、メールアドレスなどを入力してもらうお問い合わせフォームの作成機能はありません。

そのため、フォームは別途用意して設置する必要があります。

この点はデメリットと言えるかもしれません。

しかし、お問い合わせフォームはWordPressの「Contact Form7」というプラグインで簡単に設置できるので、問題ないでしょう。

また、お問い合わせフォームは別ページに飛ばすことで対応できます。

Colorful(カラフル)は初心者でも整ったランディングページが作れる

簡単に高品質なランディングページが作れるWordPressテーマカラフルの評判や口コミについてレビューしました。

最後になりますが、ランディングページを自作するならカラフルは買いです。何度も繰り返すのですがコスパが良すぎます。

ぜひ、ランディングページ用のWordPressをお探しの方はカラフルを手に入れてみて下さい。

コスパ最強のランディングページ用WordPressテーマカラフルは公式サイトから購入できます。

【合わせて読みたい】ランディングページが作れるWordPressテーマ+プラグインまとめ【無料あり】

既にWordPressでサイトを運営しているなら、プラグインの使用がおすすめです。

既存のホームページやブログはそのままで、固定ページでランディングページを追加できます。

詳しくはコチラ↓

タイトルとURLをコピーしました